【GNSピンネット工法】

1、工法の特長

工法の特色

GNSピンネット工法は、鉄筋コンクリート構造及び鉄骨鉄筋コンクリート構造の建築物における外壁等の既存仕上の上に、新たにネットで補強してアンカーピンを留め付け、下地層を構築して、タイルやモルタル等既存仕上材の落下を防止する補修工法です。


特色1:躯体から仕上材までを確実に固定
既存のタイルや下地モルタル浮きの有無に関係なく、特殊アンカーピン「GNSアンカーピン」をコンクリート躯体まで打込むため(4本/m2)、コンクリートとタイル・モルタルとを確実につなぎ止めます。

特色2:強靭なGNSネットが壁面を一体化
新規仕上材の下に埋め込んだ亀裂・落下防止用ネット「GNSネット」が全壁面をおおうため、下地のタイルやモルタルの剥離・落下を防止します。GNSピンネット工法を適切に施工するために必要な施工マニュアルも定められており、施工体制も確立できます。

特色3:GNSネットで平滑な仕上り面を確保
セメントとなじみの良いGNSネットを使用することで、均一な塗り厚さが確保でき、しかも平滑な仕上り面を得るためのレベル出しが容易です。

特色4:表面クラックを防止
10mm幅網目の三軸ネット「GNSネット」とポリマーセメント「GNSフィラー」で構成される緩衝層により、クラックの発生を抑え、仕上材の美観保護に大きく寄与します。



適用範囲

既存の鉄筋コンクリートまたは鉄骨鉄筋コンクリートの仕上で、仕上材の剥離、剥落を防止する目的で新たな下地を構築する補修に適用します。GNSピンネット工法を適用して補修できる既存の外壁仕上面は次のとおりです。

  1. コンクリート打放し

  2. コンクリート+薄塗りモルタル+塗装
    コンクリート+モルタル+塗装

  3. コンクリート+薄塗りモルタル+薄付仕上面
    コンクリート+モルタル+薄付仕上面

  4. コンクリート+薄塗りモルタル+複層仕上塗材
    コンクリート+モルタル+複層仕上塗材

  5. コンクリート+薄塗りモルタル+厚付仕上塗材
    コンクリート+モルタル+厚付仕上塗材

  6. コンクリート+薄塗りモルタル+陶磁器質タイル
    コンクリート+モルタル+陶磁器質タイル

タイル仕上げは「GNSタイル張り用GNスーパーピンネット工法」
外断熱を適用するには「外断熱GNSピンネット工法」をご覧ください。

施工部位

大規模補修、部分補修が可能であり、外壁面はじめ内壁面、庇、バルコニー、パラペットなどの部位に適用可能です。

Copyright (C) 株式会社東北丸本 All Rights Reserved.