• ホーム
  • 【MS工法】 常温金属溶射システム

常温金属溶射システム(MS工法)

弊社は、常温金属溶射システム(MS工法)で、全国トップクラスの施工実績を誇っています。

1、MS工法とは その特長

亜鉛とアルミニウムを溶射、防錆皮膜を形成

常温金属溶射システム(MS工法)は、亜鉛とアルミニウムを常温で同時に溶射することで防錆皮膜を形成し、鋼構造物における重防食の実現を目的とした画期的なシステムです。

この防錆皮膜は、亜鉛とアルミニウムが交互に重なりあった擬合金の皮膜で、さらに皮膜と反応して安定化する専用封孔処理材で表面処理することにより、長期間にわたって高い防錆防食性を発揮します。

施工面では、施工機械の小型軽量化(電源機や溶射ガンなど)により現場対応が速やかに行なえます。
しかも、従来の金属溶射工法に比べて低温で溶射が可能となり、素材に熱歪が発生させずに防錆皮膜を形成することが可能です。また、作業員の軽装化にともなう作業性向上を図ることができ、また周辺への火災の配慮が軽減されました。

また、従来はブラスト処理により除錆度と表面粗さが要求されましたが、MS工法なら粗面形成材を塗布することで溶射に適した表面粗さを確保できるため、素地調整の煩雑さが解消され、容易に施工を行なうことでできるようになりました。

図1

【MS工法】のメリット

メリット1:防食性能
実用化している各種防食工法の中で、もっとも耐久性の高い工法です。専用封孔処理材による表面処理が、防食性を大幅に向上させています。したがって、上塗り塗装なしでも、山間部なら200年、空気の汚染が進んだ都市部で130年、さらに厳しい環境の海岸部でも50年以上の耐久期間が期待できます。

メリット2:施工性
現場作業を簡素化し安定性をも確保した結果、小型軽量化したマシンにより、亜鉛とアルミニウムをスプレー感覚で吹付けることが可能です。したがって、現地での施工性に優れ、心配される粉塵や金属蒸気、騒音なども少なく、防塵マスクとゴーグルでも作業ができます。

メリット3:上塗塗装
溶射皮膜の表面は、上塗り塗料がなじみやすい適度な粗面なので、ポリウレタン樹脂系やふっ素樹脂系塗料が上塗り材として適合可能です。上塗り塗装は景観対策上の着色に加え、皮膜の強化と防食性能の持続を実現します。

メリット4:補修性
橋梁支承、桁端部などの補修にも適用でき、品質性能が長期的に保たれます。しかも現場施工が可能で、塗料・溶融亜鉛メッキ・金属溶射・耐候性鋼材の防食方法を施した鋼構造物の補修工法として適用できます。

メリット5:ライフサイクルコスト
優れた防食性能が長続きし、再塗装などのメンテナンス費用を大幅に抑制します。



【MS工法】施工管理システム

常温金属溶射システム(MS工法)の施工にあたっては、精通した知識や確実な施工はもちろん、高度な品質管理体制が求められます。
MS工法では「MS工法指導員」「MS工法上級作業主任者」「MS工法管理主任者」「MS工法作業主任者」といった資格制度があり、こうした資格者の育成にも積極的に取り組んでいます。

NETIS登録

常温金属溶射システム(MS工法)は、新技術情報提供システムNETISに登録(TH-030026-V)された技術です。

Copyright (C) 株式会社丸本工業所 All Rights Reserved.