【FST工法】

FST工法は、NETISに登録されている、新工法です。
略称でもあるこの
FST工法の公式名称は、
「各多層空隙位置停止対応アンカーピンニング部分(全面)エポキシ樹脂注入工法」と言います。

【FST工法】とは

共浮防止機能付きニュークイック工法の限界を超えたFST工法

タイル張り面やモルタル塗り面など,外壁仕上げ面の剥落事故防止を目的とした浮き補修工法の一種であり、過去に未解決となっていた様々な課題(注入困難なタイル陶片浮き、目詰まりによる樹脂未充填、共浮き、振動、騒音ほか)を一つ一つクリアする事で生まれた「革命的技術」です。


FST工法は、2層、3層、4層と何層にもわたって浮きが併発している外壁仕上げ面の剥落防止工事において、アンカーピンを構造体コンクリートへ埋め込む最深部にまで確実に樹脂注入し終えてから、奥に存在する浮きから順に、1層ずつ浮き部に樹脂を充填できるように開発された工法です。

穿孔した穴の手前から無理やり樹脂を注入すると、孔内に閉じ込めた空気量に比例し、空気の圧縮量も増加するため、充填圧の解放と同時に、その反発で「注入したはずの樹脂が孔外に飛び出す場合」か「孔外に飛び出ない場合は共浮きを発生させる場合」かのどちらかのトラブルに繋がります。

つまり、そのようなトラブルを回避できるのがFST工法であるため、孔内最深部まで確実に樹脂が注入できるだけでなく、共浮きを防ぎ、複数層浮きが存在していても合間を置かず、全層に効率良く樹脂注入できる「革命的技術」と言えます。



このFST工法は、「確かさ」と「美しさ」が売りであり、その売りを支える上で一役をかっているのが、以下で紹介する数々の開発機器・工具になります。

  • 低騒音・低振動・高回転・高トルク・無粉塵を実現した「T-2ドリル(湿式2軸低騒音ドリル)&冷却材格納型バキュームクリーンシステム」

  • 何層にもわたる仕上げ各層間の浮き注入はもちろん、アンカーピン挿入時の樹脂漏れを解消し躯体までしっかりと樹脂注入が行えるFSノズル(多層空隙注入ノズル)

  • 仕上げ各層はもちろん、それら仕上げから躯体までを確実に固定しつつ、補修跡(既存仕上げ同化)するラージネックピン(キャップ併用首太全ねじピン)

進化した外壁改修工法

従来工法の問題点を解決し、躯体まで確実に樹脂注入が可能で、しかも何層にもわたる浮き注入が確実に施工可能な「FST工法」は、工程も削減して施工日数の削減も実現させました。FST工法は、石・タイル・モルタルなどの浮きを確実に補修できる外壁改修工法です。



左側の画像は施工前で、穴あけ完了の画像。
一方、右側は施工後の画像で、拡大しても施工した部分がほとんど分かりません。
この仕上がりもFST工法の大きなメリットといえるでしょう。

Copyright (C) 株式会社丸本工業所 All Rights Reserved.