改修工法の開発

時代に応じた社会的テーマを考え、新たな補修・改修工法へ取り組んでいます。


常温金属溶射システム(MS工法)

常温金属溶射システム(MS工法)」は、防錆防食に効果的な亜鉛アルミ合金を金属のまま常温で被覆するシステムです。このため高品質な防錆皮膜が可能で、防食効果も20年以上と長期間にわたります。*1

MVアスベスト処理システム

MVアスベスト処理システム」は 、石綿の調査・分析から除去や封じ込めなどの処理工事、除去後の安全な石綿の廃棄処理まで一貫したシステムです。社会問題化している石綿対策を、万全なシステムで処理します。

隔離名人

隔離名人」は、石綿対策工事において施工ミスを防止するため、床用と壁用の単独専用シートとしたものです。養生時間の大幅な短縮や正確で迅速な作業、綺麗な作業環境に大きく貢献します。*2

MVタンクコートシステム

MVタンクコートシステム」は、さまざまな下地に対応可能な水槽内防食コーティングシステムです。しかも、コーティング層は無害ですから、どのような目的の水槽でも安心して施工することが可能です。

MVシーラータイプA

MVシーラータイプA」はコンクリートやモルタル面に塗布することで、ポーラス内に浸透し、ガラス物質化します。このため剥がれる心配もなく、コンクリートの機能を長期間にわたって保護します。

MVファイヤーガード工法

MVファイヤーガード工法」は綿、ウール、紙、木材などの天然素材に噴霧するだけで不燃性に変えることが可能な難燃化工法です。大切な財産を火災から保護する画期的な工法です。

*1 MS工法(常温金属溶射)-鋼材防食技術は、国土交通省、新技術情報提供システム(NETIS)に登録「TH-030026-V」されています。
*2 隔離名人は、平成石綿除去工事業協同組合の石綿対策工事推奨シートとなっています。

Copyright (C) 株式会社丸本工業所 All Rights Reserved.