業務案内

1. 建造物の調査・診断

1、劣化・損傷調査

  1. 予備調査:仕上材、突起物等の落下による第三者災害等を予防
    <目視、赤外線センサー等による非破壊調査>
  2. 1次調査:予防保全を含めた用途、部位ごとにおける劣化・損傷・汚染の調査
    <目視、打診、破壊計測、機能計測等>
  3. 2次調査:維持保全か改修保全かの目的に沿った実施測定、積算に要する調査
    <図面、測定機器、物理的計測、判定書、補修・改修仕様書>


2、構造耐震調査

  1. 事前調査:耐久性、耐震性、用途変更要求等
    <設計図書、経年・経歴、地域・環境等による判定、目視計測>
  2. 実施調査:事前調査をフォローする現地調査
    <一部破壊、測定器計測、科学的分析、構造体の計測・損傷等>
  3. 耐震診断:外部委託
    <耐震度調査表、耐震補強方法、耐震補強設計・積算>


3、漏水調査

  1. 現状調査:漏水現象の状況判断*1
    <目視、散水テスト、ヘリウムガス検知等>
  2. 原因調査
    1. 外的調査:防水層・シーリング材、外装材の劣化損傷等
    2. 内的調査:設備管不備、屋内結露、排水経路の不備等
      <破壊調査、温・湿度計測、内視鏡観察等>


4、設備機能調査

  1. 給・排水管:赤錆、目詰まり、劣化・損傷調査
    <内視鏡、一部破壊計測、水質測定、計測器測定等>
  2. 電気・空調:異常部調査
    <赤外線センサーによる非接触温度測定等>

5、その他

  1. その他:そのほか必要と思われる各種調査・診断
 

2. 建造物の補修・改修工事

1、維持・保全工事

  1. 外壁 タイル、モルタル、打放しコンクリート、壁等の補修
    <浮き、ひび割れ、欠損、汚れ、中性化等>
  2. カーテンウォール 鋼製CW、アルミCW、PCCW、ALCパネル等の補修
    <漏水、錆、退色、変色、割れ、欠損、汚れ等>
  3. 建具・金物 サッシ、ドア、格子、笠木、水切り、手すり等の補修
    <漏水、錆、作動性、安全性、欠損、変形、汚れ等>
  4. 内装 床、壁面、天井、階段、水回り等の補修
    <汚れ、カビ、浮き、剥離、変形、化学変化等>
  5. 設備 電気設備、給排水・衛生設備、空調設備、防災設備等の保全
    <耐久性、安全性、快適性、使用性等の回復・維持>
  6. その他 煙突、雨どい、給水タンク、工作物、看板、アスベスト等の保全
    <耐久性、安全性、快適性、環境性等の維持・保全>

2、修復・改修工事

  1. RC構造体の耐久性向上
    1. 鉄筋腐食の予防と防御
      <腐食進行の抑制、外部有害物の侵入防止>
    2. 腐食鉄筋の補修と性能回復
      <露出防錆と耐力性能の回復>
    3. コンクリートの欠損防止
      <打放しコンクリートの劣化防止>
  2. RC構造体の耐震補強
    1. 強度抵抗型補強
      <鉄骨ブレース、柱補強、壁・梁等の増打等>
    2. 靱性抵抗型補強
      <柱・梁のせん断耐力の増大、既存壁の増設増大、スリットの新設等>
 

3. 防水工事

1、シーリング防水工事

  1. シーリング材の選定:材料特性、適材適所、被着体特性、使用部位等
  2. シーリング材の目地設計:ムーブメント算定、設計目地寸法算定、使用部位/使用法
  3. シーリング工事:施工フロー、施工管理、安全管理、メンテナンス管理等
  4. 補修・改修工事:推定耐用年数算定、既存シーリング材の判定、処理法等
  5. 取扱商品:ポリイソブチレン系、変成シリコーン系、ポリサルファイド系、シリコーン系、ポリウレタン系

2、屋上・バルコニー・屋根防水工事

  1. 屋上防水工法の選定:用途・下地/工法、使用材特性、耐用年数、メンテナンス条件等
  2. 既存防水層の補修・改修:環境・地域対応、作業条件、用途目的、保証・メンテナンス等
  3. 屋上・外壁防水工事:熱・常温工法、断熱・絶縁・密着工法、保護・露出工法
  4. 取扱商品:アスファルト、シート、塗膜、セメント系、パネル等
  5. 地下、トンネル、埋設物等の防水工事
    1. 防水工法の選定:水位・水圧、滞留水・流動水、水量・水質/工法・材料
    2. 既存防水の補修・改修:保護層の有無、排水経路、注入・グラウトの可否等
    3. 地下・埋設物等の防水:先付・後付、端部・突起物処理、絶縁・密着工法、断熱等
    4. 取扱商品:モルタル・ケイ酸質系、水和凝固系、ポリエチレン/ベントナイト等

3、池・水路・処分場

  1. 防水工法の選定:用途、耐久性、耐汚染性、材料特性、施工性/工法選定
  2. 既存防水の補修・改修:保護層の有無、下地状態、使用状態、作業条件、メンテナンス法
  3. 池、水路等の防水:耐用年数、用途目的、安全性、無公害型等
  4. 取扱商品:ポリエチレン/ベントナイト、ポリエチレン/塩ビ系、ゴム系シート等

4、止水工事

  1. 止水工法の選定:用途目的、先処理・後処理、防水/止水連続性、作業性等
  2. 既存止水の補修・改修:漏水の有無、乾燥・湿潤、注入・充てん・塗布、進行性等
  3. 新設時の止水対策:先付・後付、乾燥・湿潤、貫通部、施工性、二次対策等
  4. 取扱商品:成形ベントナイト、水反応ウレタン注入材、水膨張ゴム系等
 

4. 塗装・防錆工事

  1. 塗装工事(改修・補修工事)
    1. 金属部材
      1. 劣化状態の確認
        <錆、はがれ、付着力低下、ふくれ、割れ、変・退色等>
      2. 下地処理・調整
        <ケレン、ブラスト、洗浄、剥離材、新下地作り等>
      3. 塗装材料の選定
        <用途、性能、地域・環境、耐候・耐久・耐薬品性等>
      4. 塗替え工事
        <下塗り*2、中塗り、上塗り*3>
      5. 取扱商品:アクリル樹脂、ポリウレタン樹脂、フッ素樹脂、エポキシ樹脂、塩化ゴム系、フタル酸樹脂等
    2. コンクリート・モルタル
      1. 劣化状態の確認
        <付着力低下、割れ、はがれ、浮き、チョーキング、エフロ、汚れ>
      2. 下地処理・調整
        <漏水処理、割れ・欠けの補修、劣化塗膜除去、洗浄等>
      3. 塗装材料の選定
        <用途、性能、地域・環境、下地材齢、耐候性、意匠性等>
      4. 塗替え工事
        <下塗り*4、中塗り、上塗り*5>
      5. 取扱商品:アクリル系、エマルジョン系、ポリウレタン系、フッ素系、シリコン系等
  2. 鋼材への防食工事(常温金属溶射システム(MS工法))
    1. 新設鋼材の防錆
      1. 常温金属溶射
        <亜鉛・アルミ複合溶射、工場・現場対応、常温金属溶射システム(MS工法)>
      2. 適用範囲
        <外部露出鉄筋、鋼材の溶接・ボルト接合部、鋼構造物の重防食部位等>
      3. 施工要領
        <事前打合せ、下地処理、粗面形成、溶射工事、封孔処理、検査・報告>
      4. 施工システム
        <MS工法協議会:大日本塗料・特許工法、保全/技術審査証明>
      5. その他防食工事
        変性エポキシ樹脂、FRP、亜鉛塗料他
    2. 既存鋼材の防食
      1. 腐食鋼材の防食
        <下地処理、溶射皮膜の付着力確保、工場・現場対応システム>
      2. 適用範囲
        <既存鋼製部材の改修にて溶融亜鉛メッキと同等、もしくはそれ以上の防食性能を要求される部位>
      3. 施工要領
        <事前調査、事前準備、下地処理、粗面形成、溶射工事、封孔・仕上塗装、検査・報告>
      4. 施工システム
        <MS工法協議会管理・施工技術者、保全/技術審査証明>
 

5. その他特殊工事

  1. タイル落下防止工事/FST工法
  2. 外装仕上材落下防止工事/GNスーパーピンネット工法
  3. 天然石調仕上工事/アドグラ工法
  4. ガラス飛散防止工事/スコッチティント
  5. 橋梁維持保全工事
  6. 目荒し・塗膜剥離・洗浄工事
    1. 温水高圧システム コンクリート打増し部の目荒し、タイル貼付け、下地の目荒し、表層劣化コンクリート除去、既存塗膜の除去*6
    2. 高圧バキュームシステム 外装材汚れの洗浄
  7. 防露・断熱工事
    1. 現場発泡ウレタン工事 防露・断熱性向上
    2. 現場発泡シリコン工事 防火・気密・シールド性向上
  8. 内・外装工事*7
    1. ダイノックス フィルム
      1. 屋内外の化粧仕上げ
      2. 新築・改修
        <壁、柱、梁、ドアー、カウンター他>
    2. ネオックス
      1. 屋内の化粧仕上げ
      2. 新築・改修
        <壁、床、タイル壁他>

*1 進入経路の有無など
*2 プライマー、錆止め
*3 トップコート
*4 プライマー、シーラー
*5 トップコート
*6 ケレン
*7 住友3M(株) 東北地区施工代理店

  株式会社丸本工業所
〒981-3117
宮城県仙台市泉区市名坂字野蔵19-3

TEL:022-371-9711(代)
FAX:022-371-9716
MAIL:info@m-maruhon.co.jp

日本シーリング材工業会

Copyright (C) 株式会社丸本工業所 All Rights Reserved.